黒酢成分

黒酢成分について

 

黒酢の成分で健康効果に期待されるのは、アミノ酸とクエン酸です。
人の体は、エネルギーを生み出そうとする燃焼反応が起きる時に、クエン酸が関わっています。

 

クエン酸エンジンと呼ばれる仕組みがスムーズに働く事によって、脂肪燃焼といった反応ができるのです。

 

基礎代謝が落ちている人は、筋肉量自体が少ないか、このクエン酸エンジンがきちんと働いていないかが多いのです。
スポーツ選手も、疲労を早く回復したいと思ったら、クエン酸の入ったドリンクを飲みます。

 

口から手っ取り早くクエン酸を摂取することで、スムーズにクエン酸エンジンを働かせて、脂肪をしっかり燃焼させて疲労を回復させるという原理なのです。

 

黒酢にはクエン酸だけではなく、りんご酸と呼ばれるものも含まれています。
「フルーツ酸」と呼ばれる有機酸は、クエン酸と同じかそれ以上に疲労物質である乳酸を分解してくれます。

 

ですから、1日1個のりんごは医者いらずというのでしょうね。
疲労回復効果、整腸作用、抗酸化物質であるビタミンC、皮にはポリフェノールと、健康因子のオンパレードです。

 

このことからも黒酢の疲労回復効果はかなり期待できそうです。
クエン酸、りんご酸、アミノ酸と疲労回復に良さそうな成分が揃っているじゃありませんか。

 

しかも、ゆっくり熟成された黒酢は、体のエネルギーサイクルや新陳代謝に欠かせない、アミノ酸を含んでいます。
代謝が鈍ってくるアラフォー世代にもおすすめの疲労回復アイテムですね。

 

ここまで書いて見ると、それぞれの良さを同時に取るととても素晴らしいことになるような気がしてきました。

 

だって、黒酢のクエン酸アミノ酸、ミネラルにプラスして、りんごの効果、はちみつ入れてミックスしたら、ビタミンBもプラスされ、エネルギーも補給されたスペシャルドリンクができそうですよね。

 

「りんご黒酢」という商品を見たことがありますが、すごく理にかなったドリンクだったのですね。
疲れた時は、りんご黒酢にしてみたいと思います。